藍色備忘録

個人的感想を書くとこです。

謙遜の押しつけ

※もの申し記事です。あくまでも私個人の意見なので、賛同してもらえなくても大丈夫です。

※特定個人や特定グループ・騒動に向けた記事ではありませんので誤解なきよう

f:id:Aoto_tx1133:20180220173946p:plain

 

 

 

よく、自分の作品を貶して、他人の作品を持ち上げている人いますよね。

「僕のクソ作品と違って〇〇さんのは....」

 

いや、動画作者だけでなく他の界隈でもそうなんだけど。

 

それって意味があることなのかな?といつも思う。

その人がトップクラスに技術ある人だったら、それは謙遜かもしれないけど、そうじゃない時、それは謙遜の押しつけなんじゃないかな、と思う。

オレは謙遜してるんだからお前も俺のこと褒めろよ、とそう言っているように見える。

 

 

それに自分はレベルが低いという自己暗示を続けるうちにほんとにそんな気がしてきて、ネガティブな感情のもとになるんじゃないかって思ってます。

 

 

 

だってクソアニメって名乗ってて面白いのポプテピピックくらいしかないでしょ?

 

 

 

 

 

そう思ってるから自分の作品には自信を持つようにしてる。

 

わからないこと

それと繋がる面もあるんだけど、

【鉄道PV】という動画の制作に片足突っ込んでる身として、ずっと気になってることがある。

 

 

みんな鉄道PVの何処を見て評価しているの?

 

 

わからないんです。ずっと。

 

以前の記事で、途中下車作品について語った。かなり稚拙な文章で。

あの記事はあと1本の動画辺り1000字くらいは語りたい...!と思いつつ頑張って文を圧縮して書いた記憶がある。

 

更に言うとあの文量くらい語れるけどこの記事では取り上げなくていいや、とリストから外した作品がたくさんある。

 

 

じゃあ鉄道PVで好きな作品は?と聞かれると、正直に言うと両手で数えられるほどしかない。

途中下車と同じくらいの時間見てきてるのに。

 

何故かって、たぶん世に数多出た作品たちに「特徴」が無いからだと思う。

 

圧倒的画質と曲に合わせた挑戦的なカメラワーク、構図取りで攻める人。

膨大な素材量をぶちまける人。

雰囲気作り、緻密な取材を重視する人。

季節に合わせた撮影地選択、魅力を知り尽くした構図をちりばめる人。

 

 

僕が好きな作品を作られた方々の名前の後には、途中下車のそれと同じようにそれぞれの魅力を列挙できる。

 

 

 

そういった時に、じゃあその作品たちの具体的にどの辺に魅力を感じるの?って聞きたくなるのだ。

 

同じ曲、同じ撮影地、同じ編成。似た展開にムービーメーカーデフォルトの切り替え効果。それらを答え合わせをして、自分の知識との合致が100点になったら「魅力的だ」と思うのかな?

 

 

自分語りになって申し訳ないが、実は私が鉄道PVを作り始めたきっかけは、「特徴のない」「見てて退屈な」というイメージから離れた新しいものを作りたいなと思ったから。

 

 もっと各作者毎特徴のある作品を出せばいいのになぁと思う。

 

特徴のある人が少ないからこそ、投稿祭などで作者の取り合いに近いことが起きてるんじゃないかなとも思う。

 

 

 

動画の作りも、他人の丸パクリをするんじゃなくて、自分なりにアレンジしてインスパイアって形にすればいいのに。

プロジェクトファイルを見せてもらって、その通りできたやったーで終わるんじゃなくて、「じゃあここにこんなエフェクトを入れてみよう」とか「直接弄るんじゃなくて上のレイヤーから重ねてみよう」とか。

 

 

 

 

結局

言いたかったこと全部書きだしたらわけのわからない記事になりました。

 

結局僕の言いたいことは

・自己評価を極端に下げていいことはないよ

・もっと特徴的な作品が増えるとうれしいな

ってことです。

 

 

 

おわり