藍色備忘録

音楽と旅と写真と映像

TAKINGOFF

f:id:Aoto_tx1133:20180130221157j:plain

ようこそ。

 

これは編集後記とかそういうたぐいのものです。

 

www.youtube.com

 

投稿しました。

 

使ったのは、ONE OK ROCKのTaking offという曲。直訳すると離陸ですね。

 

歌詞の内容的には、旅系の歌詞とかではなく、普通にラブソングなんですが、まあ曲調もかっこいいし、タイトルもタイトルやし、許して。

 

今回のPVは曲の特徴と東モノの独特の雰囲気それを綺麗にマッチさせたいなと思い作りました。ある種のコンセプトですね。

 

最高速度80kmという高速かつ昼間でも毎時18本という高密度運転、そして3つもの種別を持つ多様性、またビジネス街から工業地帯へ抜ける独特の車窓。

そしてそして空港から旅に出るぞというその時の高揚感。短いながらも魅力が詰まった路線です。

 

 

あとは。。。

 

 

 

10000系カッコイイ!!!!!!!

 

これに尽きます。半分賛美動画みたいになってるもん。

 

 

取り乱しました。動画の話をしましょう

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130222510p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130222523p:plain

まずは乗車の前のシーンから描きます。

 

先ほど、短いながら~~という文章を書きました。

 

そうです、短いんです。

そして全駅にホームドアが設置され、沿線も工業地帯。

 

=つまり素材量が必然的に少なくなる

 

 

 

 

基本的に私は、アイデアの泉が常に枯れかけている状態なので、有名撮影地を巡って集めた素材を使う一般的な鉄道PVだと、「かっこいい」と思える瞬間を作り出すことが出来ません。

それはカメラワークでも、編集でも。

 

 

、、、なので導入のシーンで尺稼ぎをしたわけです。まあもちろん作品に引き込むという意味もあるのですが。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130222933p:plain

スタンジャージャージャーンといった感じで始まります。そして私が大好きなグラデーションがかかった切り替え効果。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130223043p:plain

そしてありがちな形式紹介コーナー。番号が若い順から始まらず10000から始まるのは、そう、愛です。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130223205p:plain

トーキョーモノレールという文字が一瞬だけ登場しフッとボケて場面が切り替わります。お気に入りのシーン。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130223254p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130223258p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130223300p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130223303p:plain

彩度低めの映像と鮮やかな映像が交互に現れます。

これは本家のMVから発想を得ました。かっこいいものはパクるに限ります。

https://youtu.be/_1NU-YkY3dk?t=30s

ここら辺の映像でこのモノレールが走る風景の面白さを感じてもらえてるとうれしいな。

 

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130223655p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130223658p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130223700p:plain

サビに入るとテンポはさらに腰を落ち着けた感じに。

1 0 0 0 0 形 カ ッ コ イ イ

 

ここら辺はあれです。制作中、Uiro氏の数々の動画が頭をよぎった記憶があります。

www.youtube.com

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130223928p:plain

We fall from sky~

という歌詞でトンネルに入る映像。ちょっとベタすぎるかな。(笑)

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130224036p:plain

Cuz never gonna let it go~

 

ギターのラインが歌詞に沿うところです。控えめに言ってクソかっこいい。(曲が)

この曲は、弓矢を撃つ時のように、一度引いてから、、、ドン!と来るシーンが多いです。

ここもその一つ。始まりのイントロ~ドラムドンまでもそう。

 

 

その曲が描き出す波のようななめらかな曲線は、やはりベジエ軌道に頼らないと表現できませんでした。

 

ちなみにこのPVでベジエ軌道を使ったのはあと1か所だけです。どこだかわかるかな?

 

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130224418p:plain

サビが一通り終わり、静かな場面へ。

ここも弓矢表現を使ってます。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130224533p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130224536p:plain

窓に映りこむスタフと飛行場の夜景を眺めつつ走るシーン。

 

夜の東モノはいいものです。お客もそう多くなく、ジェットコースターのようなスリルもありながら、どこか落ち着いた。

空港ターミナルの延長線上のような空間が広がってます。最高です。

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130224902p:plain

ヴォーカルが1オクターブ下がるここ。

まるでスーパースローカメラで撮ったような映像が作れて一番気に入っている場面です。

 

夕方の第二ターミナルを歩きながらふと思いついたこの場面。

そのアイデアを本当にそのまま作り出せたときの喜びは本当に大きいものです。

 

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130225221p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130225225p:plain

ここの場面、ギターが二本鳴ってるんですが、片方のラインは空港の色んな映像。もう片方は飛び立つ前の様々な段階で撮れた映像を流しています。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130225347p:plain

ジャーン

【祝】鉄道PV空を飛ぶ。

 

飛びました。画面は間違いなく鉄道PVのままです。

 

 

 

ここがやりたくてこの動画を作り始めたんです。去年の4月ごろに。

 

 

f:id:Aoto_tx1133:20180130225547p:plain

そして最後はまた10000形賛美動画に戻ってきます。

 

1 0 0 0 0 形 カ ッ コ イ イ

 

 

そして終わるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の映像、わざと手ぶれ・ボケさせた映像が多いことに気づきましたか?

f:id:Aoto_tx1133:20180130225738p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130225754p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130225802p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130225806p:plain

最近、お気に入りのプロ映像制作家を見ていると、わざと手ぶれさせたりぼかしたりしている作品が多いことに気づいたんです。

 

 

 

そしてそれを見た僕「かっこいい。これやりたい。」

 

 

 

理由はあくまでも推測でしかありませんが、手ぶれ補正の技術が進歩しまくり、スマホなどでも安定した映像が撮れるようになった今、逆に粗い映像の方が何かを訴えられるからではないでしょうか。手持ち感とかリアルタイムな感じとかね。

 

まあそんなわけで粗めな映像を多く入れてみました。まあ前作からそうではあるんですが。

 

 

 

 

ちなみに10000系愛はサムネにも出してます。

f:id:Aoto_tx1133:20180130230838j:plain

側が東モノのロゴ、一番右に10000がいるのはわかると思うんですけど

真ん中の赤い縞々は

f:id:Aoto_tx1133:20180130230948j:plain

テールライトっぽく。

 

そして右側が青くなってるのは、、

f:id:Aoto_tx1133:20180130231144p:plain

フォグランプがトンネルとかを照らす様子をイメージしてます。

 

1 0 0 0 0 形 カ ッ コ イ イ

 

 

 

 

 

 

あと

東 モ ノ の ロ ゴ カ ッ コ イ イ

f:id:Aoto_tx1133:20180130231353p:plain

f:id:Aoto_tx1133:20180130231404p:plain

何度も出てます。

 

 

 

ということで、【鉄道PV】東京モノレールの振り返りでした。

 

 

この動画を見て、羽田からの移動手段としてではなく、趣味的な目線でも、東モノに注目してくれる人が増えてくれれば嬉しいなって思います。

 

あと動画見てね。

 

 

 

 

 この動画を機に僕も次の段階へとTaking offしていきたいですね。(100点満点の〆)

www.youtube.com

 

 

見てね(頑張ったから)

 

 

 

 

おわり